読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チチブロ

不労所得生活を目指す1児のオタクお父さんのブログ

みなさんのブログ

 GW以降、サボってたブログ。

 

久しぶりに更新しようと思いつつ、他のブログを見ていたら、自分のブログの不甲斐なさを痛感。

 

「何、この見やすさ!ってか、きれい・・。」

 

よくよく色々なブログを見ていくと、みなさん、アフィリエイトなどをされている方も多いご様子。

 

あまり、株・FXで利益を出せてない今、自分に必要なものを見つけた!

 

と、いうことで、明日からブログの収益化を頑張ってみる。

 

そんな簡単なことではないけど、元手はかからないし、失敗しながら続けてみよっと。

 

まずは、自分の興味のあることを書き続けながら、見やすいブログを作っていこう。

 

明日からw

 

 

GW

今年のGWは充実した日々が過ごせた。

 

以前なら、1日か2日、遠出をして、それ以外の日は家で映画を見ながらゴロゴロしていた。

 

しかし、今年は1日仕事にだった以外は、毎日息子と散歩に行ったり、近くのショッピングセンターに行ったり、実家に帰ったり、と。

 

やっぱり、環境が人を変えるのだなぁとつくつく感じた。

 

と、思うときにふと思ったのが、息子のこと。

 

大人でもその性格や生活スタイルが環境に影響されるのなら、子供ならなおさらじゃないか?

 

最近の息子は食事の時に、自分や妻の使った食器や箸で同じように食べたい症候群。

 

「子供は親の背中を見ながら育つ」とは、良く言ったものだ。

 

これは、足で扉を閉めたり、汚い言葉を使ったりできないな(汗。

出産

出産について。

 

今日は仕事を定時で終わらせて、早く帰って息子と夕方お散歩。

 

もう、いっちょまえに一人で歩いて、すれ違った散歩途中の犬を見て、「あうあう!」。

 

わんわんって言ってるつもりなんだろうなぁと思いつつ、子供の成長の速さに関心しまくりだった。

 

息子が生まれたのは、1年と少し前。

 

立ち合いは奥さんの希望と仕事で出来なかったけど、「生まれた!」って連絡を受けて、分娩室に入ったら、奥さんはまだアソコの縫合中でびっくりした思い出がある。

 

最近見たニュースでは、出産に立ち会う旦那さんは56%以上と過半数らしい。

 

「夫婦で子供の誕生の感動を分かち合えた」とか、「奥さんの頑張りに胸を打たれた」とか、感動するエピソードがある一方、「奥さんを女性と見られなくなった」みたいな意見があるのが面白い。

 

また、若い世代ほど立ち合う率が高いそうな。これは若い世代の旦那さんの方が、子供や育児に興味があるっていうことなのかな。

 

まぁ、なんにせよ、私は出産には立ち会うか、出産後すぐに病院には駆けつけた方が良いと思う。

 

奥さんに労いの言葉はかけるのはもちろん、生まれたばかりの自分の子供を見る機会は、その時以外はないから。

 

あと、生まれたばかりの男の子のちんちんとたまたまはあんなに黒いとは思わなかったw

 

 

news.careerconnection.jp

 

GHOST IN THE SHEL

 

 今日は少し時間があったので、近くのイオンシネマでGHOST IN THE SHELを観た。

 

攻殻機動隊の原作漫画を持ってるオタクとしても、そこそこに楽しめた。

 

ただ、実写版ハリウッド映画なだけあって、原作と比べるとコレじゃない感はあった。

 

まず、少佐やバトーの初期設定がすでに原作と違う。次に、攻殻と言ったら複雑に絡み合う事件背景なのに、映画中盤でエンディングが容易に想像できる、トグサがガタイ良すぎw、などなど。

 

ツッコミどころも満載だったが、そういう楽しみ方をする作品として、おもしろかったかな。

 

最後に、なんで荒巻はビートたけしになったんだろう?

 

有給

有給。

 

仕事を公に休める日。

 

そんな、有給の消化率が2016年のある調査では、日本はランキング最下位だったそうな。

 

対象の国の選別や集計方法等で数値は若干変動するだろうが、それでも日本が最下位ということに、別に違和感は感じない。

 

その理由は自分の職場。

自分は「有給は100パーセント使ったる!」と、いう考え方の人間だが、未だに有給は仕事に余裕があれば使いたいという考えの人が多い気がする。

 

別に他人の有給の取得について、とやかく言う必要はないが、もし本当に有給を使いたいなら、あらかじめ休む日を決めて、残りの日で全ての仕事を片付ける仕事の方法をしないと、多分、有給消化率を高まること不可能なんじゃないんたろうか。

 

最近、有給消化率の一定値以上の義務化など話題があったが、この先、どうなっていくのだろう。

 

子育て中の父親としては、ぜひとも有給を大手を振って使える世の中になって欲しいな。

息子

息子について。

 

自分に子供ができる前は、「子供、かわいいね」くらいだったが、

息子が生まれてからは、「子供!かわゆす!」に変わった。

 

自分の息子にいたっては「かわゆうぅづ!どぅふふゅぅぅぅ!おおぉうん!」ってなるw。

 

「『はじめてのおつかい』とか、まったく興味なかったのに、息子がはじめておつかいが出来たら泣くんだろうなぁ」って思いながら、息子と一緒にこども番組を見てる。

 

自分の父親は自分のことを、こんな風に思っていたのかなって思うと、それはちょっと疑問だが。

 

息子が日々成長していく中で、親も日々変化をしていくのを実感する、今日このごろ。

ブログの更新について

ブログを始めて、初めての更新。

 

っても、始めたばかりで何を書いていいかわからないから、 今日、録画してた今期のアニメを見てみたら、「オッ?」って思うアニメがいくつかあった。

 

Re:CREATORSレクリエイターズ

中二病爆発のアニメ。色々な作品のキャラクターが実現して大暴れ的な。

1話の戦闘シーンが「オッ?」と思うくらいの安定感。

今後も見ていこうかな。

 

エロマンガ先生

かの有名な俺妹の作者の新シリーズなのかな?

テイストはオタク路線直行で、1話の中に桐乃が出ていたような・・。

作中の、ネット配信していた妹が映像を切り忘れていたのを教えに行くところは、ツボッタ。

 

子供が出来てから、時間的にアニメは銀魂くらいしか見れてなかったんだけど、久しぶりにハードディスクの整理してたら、おもしろそうなのがチラホラ。

オタク復活かなw